オホーツクいちごファームについて
〜完熟いちごをひとつ残らず〜

*いちごとの出会い*
誕生日、結婚式、お祝い事、ちょっと特別な時、そんなデザートシーンにかかせない果物といえばいちごです。
いちごといえばクリスマスからお雛様までなイメージですね。夏のいちご市場は海外からの輸入にたよっていた過去もありましたが、実は 最近は、北海道産の苺が夏の苺を支えているんです。
私たちは縁あって2002年にいちごと出会い、生産者になりました。
ここは知床に程近いオホーツクの小清水町。
斜里岳の麓でオホーツクの気候が生み出す「大きな寒暖の差」をメリットと考えて、 数種類のいちごを栽培して研究を続け、安定したいちごの出荷にたどりつきました。

*いちごと過ごす季節*
2月、ホーツク海がまだ流氷に覆われている頃にハウスの準備が始まります。
3月、キリリと冷たい外気の中にも春の優しい陽射しを感じられる頃、鉢上が始まります。
4月、しっかりと根を張りだすと、育苗ポット鉢から栽培定植鉢への移し変えをします。
初夏の陽射しとたっぷりの水、涼しい空気、丹念な花房整理、撤花・・・
じゃがいもの白い花が咲く頃、真っ赤な果実が実り、収穫と出荷の開始です。
収穫期になると、毎朝、朝日とともに苺摘みが11月まで続きます。

*栽培そして加工へ*
いちごはとてもデリケートな果物です。
大人から子供まで見ても食べてもついつい笑顔になるいちご。
そんな幸せいっぱいのいちごですが、形がいびつだとか大きかったり小さかったりとか、どうしても規格に合わない苺が出てきてしまうのもまた自然に帰すところ。
私たち「オホーツクいちごファーム」は苺を育てながら、クレープやジャムなども作っています。
出荷できるサイズの苺は主に製菓用として全国へ。
一方で出荷しない苺も美味しさはかわらないので「完熟いちご」として残さず大切に使います。商品に余計な添加物は使いません。小さな規模ですがその分、ゆずれぬ思いを形にしてきました。いちごの価値は糖度だけではないんですよね。甘酸っぱさも大きな魅力だということを加工を通じて知りました。

*ぜひお立ち寄りください*
ここでしか食べることの出来ないもの。
安心して食べることができるもの。
秀峰斜里岳を望みながらオホーツクブルーの爽やかな空の下で育った元気ないちごの味を道東の小清水町からお届けします。
ぜひ、足を運んでみてください。
みなさんの「美味しい」笑顔にお会いできることを楽しみにしています。

苺の丘トップページへ

苺の丘会社概要へ

苺の丘こうもについて

苺の丘こうもお店のご案内へ

苺の丘こうも通販へ

苺の丘こうもアクセスへ

苺の丘こうもお問い合わせへ

農業法人(有)苺の丘こうも 〒099-3615 北海道斜里郡小清水町字中里195 tel/fax0152-62-2452